メビウス愛好家の私がプルームS(プルームエス)を発売日に購入し即売却した理由【評価】

いよいよ、遂に発売されましたプルームテックの加熱式タバコ

プルームS(プルームエス)

かねてから、まだかまだかと発売を待っていた、メビウス愛好家の私ですが
遂に、2019年01月29日に発売されました。

しかも、メビウスらしい味わいになっているらしい!
ということで、JTスモーカーズID plus Ploomの事前登録を行い、2019年01月25日に予約をしました。

これまで、アイコス、グローを試しましたが、私には合わず、やはり、メビウスを吸っている人は、メビウスの加熱式タバコを待つしかないという結論に至ったわけで、かなり楽しみにしていました。

プルームS 概要

高温加熱型デバイス「プルーム・エス」

メビウスらしい味わいの高温加熱型
JT独自の「リアル香味製法」と、最適な加熱温度設定により、たばこ葉のうまみを際立たせ、国内紙巻たばこNO.1(*3)ブランドのメビウスらしい“クセが無く”、でも“うまみがあり”、“飽きのこない”味わいをお届けします。

高温加熱型特有のにおいも低減
周囲に配慮した心地よい一服であるために、紙巻たばこに比べにおいを大幅に減らしたのはもちろんのこと、味わいを阻害する高温加熱型特有のにおいも抑えました。なお、紙巻たばこと比較し、におい5%未満(*1)、健康懸念物質90%以上カット(*2)を実現しました
『プルーム』に2つの新製品が加わり、3ラインアップ展開に!加熱式たばこは温度で選ぶ時代へ!1月29日より販売開始 より引用

「プルーム・エス」スターターキット
本体デバイスと充電機器等を内包するスターターキット。
Ploom オンラインショップ及び全国 Ploom 専門店にて販売。
[加熱型] 高温加熱型(約 200℃*1)
[価格] 7,980 円(税込)
[発売日] 2019 年 1 月 29 日(火)
2019 年 1 月 25 日(金)より、Ploom ブランドサイト内の専用ページにて Ploom 専門店での購入予約を開始
[内容物] デバイス、AC アダプター、マイクロ USB ケーブル、クリーニングブラシ
[カラー] 黒・白の定番カラー2 色、及び”NUANCE OF LIFE”をコンセプトにしたカラーバリエーション 6 色*2
*1:使用時のたばこスティック内の温度が約 200℃です。
*2:1 月 29 日時点では、「SUPPLE CLAY」と「UNIQUE AMBER」の 2 色を販売

デバイス スペック Ploom S
加熱待ち時間 約40秒*1
1本あたり使用可能時間 約3分30秒*2
1本あたりパフ回数 14回*2
連続使用可否 可*3
フル充電時の使用可能本数 約10本
フル充電までの待ち時間 約90分

*1 最大 50 秒(使用環境温度によって変動)
*2 使用可能時間もしくはパフ回数のどちらかに達した場合に終了
*3 使用環境によっては待ち時間が発生します
  連続使用に伴うデバイス温度上昇による低温火傷回避のため、連続使用本数が制限される場合あり

製品概要「プルーム・エス」より引用

何と言っても、この内容が最高にワクワクしていました!
メビウスらしい味わいの高温加熱型
JT独自の「リアル香味製法」と、最適な加熱温度設定により、たばこ葉のうまみを際立たせ、国内紙巻たばこNO.1(*3)ブランドのメビウスらしい“クセが無く”、でも“うまみがあり”、“飽きのこない”味わいをお届けします。

ヨッ!待ってました!!
さすがJT!
こんなん、もう、紙巻タバコのメビウスからプルームSに移行するしかないでしょうよ!

プルームS 開封、使い方

プルームS スターターキット
プルームS スターターキット

 

プルームS 本体
プルームS 本体

使い方は、グローと同じ感じで簡単です。

(1)プルームS本体のフタを空ける

プルームS 本体上部
プルームS 本体上部

 

紙巻きタバコと加熱式タバコのサイズ感
紙巻きタバコと加熱式タバコのサイズ感

 

(2)タバコスティックを差す(スティックの線が隠れる手前まで)

(3)スタートボタンを振動するまで長押し(2秒程度)
約40秒で加熱完了

(4)タバコが吸える状態
約3分30秒または14パフ使用可能

(5)2回 or 3回振動したら終了
残り約30秒または2パフになると

(6)タバコスティックを抜き、フタを閉じる

バッテリー残量が十分にあるときは、次の1本を加熱して、連続で使用することも可能らしい。

プルームSの評価(レビュー)

結論から申し上げますと

全然ダメ(合わない)でした!

タバコスティックは、レギュラータイプのメビウス・レギュラーテイスト・フォー・プルーム・エスを試しました。

アイコス、グローに続き、まさかプルームSまで・・・

なんでだ!
なんでなんだ!!

なんでなんだよお!!!

メビウスらしい味わいの高温加熱型
JT独自の「リアル香味製法」と、最適な加熱温度設定により、たばこ葉のうまみを際立たせ、国内紙巻たばこNO.1(*3)ブランドのメビウスらしい“クセが無く”、でも“うまみがあり”、“飽きのこない”味わいをお届けします。

この内容にワクワクし、事前登録、予約をして
発売日当日、仕事中だったにも関わらず、走って本体を受け取りに行って、ついでにタバコスティックを1カートン買ったほど、期待していたのに

完全に騙された気分です。

普段、私は、メビウス(10mg)を1日1箱ほど吸っています。
このメビウスの味を、プルームSで再現できているなら、もう無敵だ!
と思っていました。

しかし、現実は、こんなもんです。
正直、アイコスもグローもプルームSも
私にとっては、全て同じです

よく、レビュー記事で、全然違うとか、これは、推奨!
とか、書かれているけど。
あのような記事は、本人、タバコを吸っていないのでは?とすら思ってしまいます。
若しくは、一般販売前に提供されていて、悪いことは書けないのかな・・・

やっぱり、無理なんです。
紙巻きタバコの味を再現するのは。
加熱式タバコの限界なんだと思います。

よくよく考えたら、喫煙室で紙巻きタバコを吸っている人達は、みんな、いわゆるレギュラータイプを吸っているんですよね。
メンソール派の喫煙者は、ほとんど、アイコスへ移行しているはず。
だって、メンソールの味がしたらそれでいいから。
で、加熱式タバコならメンソールの味を引き継げる。まあ、完全に再現されているとは言えないのでしょうけど。

なので、メンソールを普段吸っている人であれば、加熱式タバコに移行することが容易だとしても、レギュラータイプの人は、簡単には移行できないはずです。

この記事を読んでくれている人は、同じように考えているのではないでしょうか。
でも、諦めてください!
紙巻きタバコのレギュラーを吸っている人は、加熱式タバコは諦めるしかないでしょう。

この内容は、加熱式タバコ業界の人に是非知っていただきたいことですね。
そして、近い将来、紙巻きタバコのレギュラーを吸っているすべての人が、加熱式タバコに移行できるようになることを期待したいです。

まあ、禁煙するのが一番いいのでしょうけど・・・

ちなみに、当日に受け取りに行ったプルームS スターターキットは、当日の夜、オークションに出品し、即落札となりました。1カートン買ったタバコスティックは梱包材として使いましたとさ。
お試しキャンペーンがでるまで、もう少し待っていればよかったな・・・

スポンサーリンク