札幌発沖縄(本島)1週間の格安旅行記「費用やスケジュール全て公開!」1日目

2017年06月23日(金)
1日目

概要はこちらで紹介しています

ルート

沖縄本島旅行2017ルート

観光地の天気、気温

天気 晴れ
気温 31℃/27℃

出発

7:16
札幌駅より、出発
JRにて、札幌駅から新千歳空港へ

新千歳空港に到着

8:00
新千歳空港に到着

到着後、すぐに荷物を預ける。
重たかった
今回も17kg

たぶん、自分の64Lのキャリーバック
では、ギリギリ20kg以内に
収まるようになっているんだろう

8:48
新千歳空港の4階にある、プロントにて
朝食を食べる。

プロント クロワッサンを食べる

JRに乗っているときからだったが、
前日、楽しみすぎて眠れず、めちゃくちゃ
眠気に襲われる。

プロント 記録風景
旅の記録

朝食後、飛行機の撮影をしようと思い
外へ出られるところに行くも、鍵が
開いていなく、今回も断念。
もしかして、ここじゃないのかな、
撮影スポット。
新千歳空港の屋外から飛行機を
撮影できるところって
どこなんでしょうか・・・

9:32
保安検査場を通過し、搭乗口付近で
搭乗時間まで待機

沖縄行き

滑走路が混雑しているため
出発時間が、10分遅れるとのアナウンス

天気予報をチェック

新千歳空港にて、天気チェック
今年の沖縄の梅雨明けが遅かったらしく
ギリギリ、ちょうど梅雨明けとなった
みたいで、一安心。

12:00
機内にて、昼食を食べる。
事前に購入した空弁
とろ玉牛飯
鶏釜飯

昼食後、寝不足気味だったので、
ぐっすり眠れた。

那覇空港に到着

14:45
那覇空港に到着

那覇空港 お出迎え

去年より、蒸し暑さは感じなかった
ものの、札幌から那覇なので、
かなり暑い
そして晴れ!
テンションも上がる!

ちなみに、当日の札幌と那覇の気温差

札幌 21℃/14℃
那覇 31℃/27℃

札幌を出発したのは、朝早かったので
かなりの気温差があります。

さっそく、シークワーサージュースを
自動販売機で買って、飲む。
これ、うまいんだよな~
たぶん、暑いからさっぱりしている
シークワーサーが最高に合うのだろう。

外に出て、ゆいレール乗り場まで移動

ゆいレール 那覇空港駅までの道のり

外に出ると、蒸し暑さが凄くて、
やっぱり沖縄だ!と感じた

15:39
ゆいレールにて、旭橋駅まで移動

ゆいレール 切符購入

1日目は、レンタカーでどこかに
行く予定はないため、敢えて到着日は、
ゆいレールで拠点まで移動することに
していました。

ゆいレールに乗ってみたかったという
のもあるし、レンタカー代の節約にも
なりますね!

ゆいレールの那覇空港駅は、
日本最西端の駅のようです

日本最西端の駅 ゆいレール那覇空港駅

切符は、改札に通さず、Sapicaや
Suicaのように改札にタッチする方式

ゆいレール待ち

ゆいレール到着

切符は、発行されるが、改札に通さず
タッチするだけなので、記念品に
イイネ!と思いました!
自分の切符は、ポッケに入れていて
汗だくだったので、すぐにふにゃふにゃ
になってしまったが・・・

旭橋駅

Mr.Kinjo in Uenokuraに到着

16:25
Mr.Kinjo in Uenokuraに到着

Mr.Kinjo in Uenokura 手前

Mr.Kinjo in Uenokura 入口
Mr.Kinjo in Uenokura 入口

土地勘ゼロなので、Googleマップを
頼りに歩き、少し迷うも、なんとか
到着

受付の人は、外人の時もあるという
口コミを見ていましたが、
日本人でした。

旭橋駅から、徒歩で10~15分くらい
だったと思います。
荷物は重いし、蒸し暑かったので、
尋常じゃないくらい汗だく

少しでも、節約を!という計画
でしたが、ここの区間はタクシーを
使っても良かったかな。

※ 室内は、チェックアウト時に撮影しています

Mr.Kinjo in Uenokura 玄関
Mr.Kinjo in Uenokura 玄関
Mr.Kinjo in Uenokura 通路からリビング、ベッドルーム
Mr.Kinjo in Uenokura 通路からリビング、ベッドルーム
Mr.Kinjo in Uenokura キッチン
Mr.Kinjo in Uenokura キッチン
Mr.Kinjo in Uenokura 冷蔵庫、電子レンジ
Mr.Kinjo in Uenokura 冷蔵庫、電子レンジ
Mr.Kinjo in Uenokura 洗濯機(4kg)
Mr.Kinjo in Uenokura 洗濯機(4kg)
Mr.Kinjo in Uenokura ドレッサー
Mr.Kinjo in Uenokura ドレッサー
Mr.Kinjo in Uenokura お風呂
Mr.Kinjo in Uenokura お風呂
Mr.Kinjo in Uenokura お風呂 乾燥機付き
Mr.Kinjo in Uenokura お風呂 乾燥機付き
Mr.Kinjo in Uenokura トイレ
Mr.Kinjo in Uenokura トイレ
Mr.Kinjo in Uenokura 収納スペース
Mr.Kinjo in Uenokura 収納スペース
Mr.Kinjo in Uenokura ベッド
Mr.Kinjo in Uenokura ベッド
Mr.Kinjo in Uenokura テレビ、机
Mr.Kinjo in Uenokura テレビ、机
Mr.Kinjo in Uenokura バルコニー(物干し)
Mr.Kinjo in Uenokura バルコニー(物干し)

1人1泊「3,000円」くらいですね
駐車場代が、1泊「1,000円」
安い!キレイ!無料WiFi完備!なので、
特に格安旅行の方にはオススメ!

じゃらんで予約


すぐにでも、海に入りたいという
気持ちだったが、到着日のこの日に
お土産を買いそろえる予定だった
ため、仕方なく国際通りへ
向かうことに

国際通りへ

17:25
Mr.Kinjo in Uenokuraから徒歩で
国際通りへ向かう。

徒歩15分くらいだったはず。
沖縄の人は、みんな、かりゆしを
着ていた。
あれ、いいなぁ!
全国的に、クールビズは、かりゆし
着用にしたらいいじゃんと思った。

国際通りには、人が山ほどいた。

国際通り
国際通り

国際通り 雰囲気

混みすぎで疲れる。
そして、やっぱりここでも
アジア系の外国人観光客が圧倒的に
多かったように思う。

一通り、お土産屋を見て周り、
ずっと食べたかった
「ブルーシールアイス」
を食べることに。

ブルーシールアイス購入

さとうきび味と
シークワーサー味

さとうきび味の方は、少し甘かった。
疲労と暑さにやられている時は、
シークワーサーのさっぱりしている
感じが最高ですね!

お菓子御殿にて、お土産を購入

お菓子御殿

  • プリンセスムーンシークヮーサー
  • 黒糖クランキーチョコ
  • 南国こんがりパイン

プリンセスムーンは、美味いですよ!
内容量は少ないので、少人数向けの
お土産なら、オススメ!

お土産をここでまとめて買えて
よかった。迷ったら、後から厄介
ですからね。

Mr.Kinjo in Uenokuraに帰着

19:30
Mr.Kinjo in Uenokuraに帰着
海に入りたい気持ちもあったが、
疲労困憊により、諦めることに。

19:50
Mr.Kinjo in Uenokuraのすぐ近くに
ある辻スーパーにて、弁当、飲み物、
翌日朝食用のおにぎりを購入。

個人商店っぽい雰囲気で、ゆる~い感じ。
レジに持って行った時間が、ちょうど
20時だったようで、お弁当を割引して
くれた。
何がどれくらい割引されたかは、
謎のまま

20:10
Mr.Kinjo in Uenokuraに戻り、
弁当とオリオンビールを頂く

辻スーパーで買った弁当

辻スーパーで買った弁当

辻スーパーで買った弁当を食す

弁当は、まぁ察してくれ・・・

夕食後、入浴

22:30
眠たかったが、翌日、ひめゆりの塔へ
行くため、かるくどんなところなのか
予習をすることに。
本当は、旅行に行く前にじっくり
予習をするはずだったが、旅行計画も
ギリギリ間に合った感じだったので、
予習をする時間がなかったのです。

24:00
就寝

費用(1日目)

各2人分の費用で算出しています

内容 金額
JR ※1   2,140円
朝食 ※2   1,060円
昼食 ※3   2,200円
お菓子 ※4    648円
ゆいレール ※5    520円
飲み物 ※6    240円
宿泊代(3泊) ※7 20,400円
アイス ※8    660円
お土産 ※9   9,948円
お菓子 ※10    414円
夕食 ※11   2,225円
合計 40,455円
1人当たり 20,228円

※1 札幌駅 → 新千歳空港 切符代
※2 プロント(新千歳空港)
※3 空弁
※4 新千歳空港にて購入
※5 那覇空港駅 → 旭橋駅 切符代
※6 那覇空港自販機
※7 Mr.Kinjo in Uenokura(3泊)
※8 ブルーシールアイス
※9 お菓子御殿にて購入
※10 国際通りにて購入
※11 辻スーパーにて弁当、飲み物、ビール、おにぎりを購入



スポンサーリンク